彼女との馴れ初めを、

ぼくは今の今まで忘れていたらしい。いつも同じようなシチュエーションでの逢瀬だし、やることも変わらないせいか。ぼくばかりが先導して事を調節して来たように思い込んで来たけれど、どうやらそれは ぼくがお望みの偏見だったらしい。…